トップ仕事場創りのアイデア集 > 組織体制や業務体制を元に生み出す「働きやすいオフィスデザイン」

代表ブログ

組織体制や業務体制を元に生み出す「働きやすいオフィスデザイン」

より良いオフィスをデザインするために、お客様の“組織体制”や“業務体制”を知るということも大切な工程の1つです。
企業によっては、大きな1つの組織になっている場合もあれば、かなり細かく細分化されていることもあります。
また、実際の業務体制についても、個々が独立して動いているのか、チームで進めるのか、
また、内勤が多いか外出が多いによっても、働きやすいレイアウトというのは大きく変わってくるのです。

さらに、役職に応じて個室を用意することも、特に外資系企業においてはよくあったり、反対に、社長含め全員がオープンスペースという方針の企業もあります。

1つとして同じ会社はありません。

表面的には分からないような、その会社の“内部”をヒアリングさせていただき、しっかり理解した上で、それぞれの会社にとってベストなオフィスデザインを試行錯誤していきます。

それでは、今回も海外オフィスのデザイン事例をご紹介します。

まるで外で仕事をしているかのようにデザインされたオフィス事例

通常は考慮せざるを得ない、効率的な配置やスペースの活用といった点を後回しにして、広さを最大限に活かして開放感を重要視したデザインですね。
中心のミーティングスペースは公園をイメージしているようで、石のクッションや赤いベンチイスなどが、そこにいる人間をほっこりとした気持ちにさせます。

隙間スペースに作られた隠れ家ルームをデザインしたオフィス事例

個室のミーティングスペースを、オープンな業務スペースとは離れたところに配置し、、また2つのルームの距離間も出すことでより隠れ家的な空間となるようにレイアウトされています。
床は、自転車が通っても汚れや痛みが気にならないような素材で工夫されています。

シェアハウスをイメージしたオフィスデザイン事例

外出が少なく、個人が籠もって集中して作業をする制会社などにぴったりなオフィスデザインです。
1つ1つの空間は個人で好きなようにインテリアできるように、あえてシンプルなデザインにされています。

個のスペースを重要視したオフィスデザイン事例

1人用の個室のようなプライベートスペースを確保したレイアウトです。
全体的にモノクロのシンプルで洗練されたデザインですが、一部木の素材を使うことで無機質になりすぎないように工夫されています。

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る