トップ仕事場創りのアイデア集 > 素敵オフィスには欠かせない!収納キャビネットの上手な選び方

代表ブログ

オフィス家具・収納

素敵オフィスには欠かせない!収納キャビネットの上手な選び方

今回はオフィスの収納キャビネットについてのお話です。

よりオフィス環境にふさわしく、使いやすいキャビネットの選び方をご紹介します。

●扉の必要性について
軽い書類などを入れるのであれば、オープンにして中が見えるタイプの方が整理と活用がしやすいのではないかと個人的には思います。ただ、個人情報等記載された重要な書類は、扉だけでなく鍵つきのものを使用しましょう。

●地震対策について
背の高いキャビネットは壁面に固定するなど、転倒防止対策が必須です。
また、特に人が多い場所や良く行き来する場所にある棚は、もしも大きく揺れた時に書類が上から落ちてくるのを防ぐためにも扉つきの方が安心です。

●奥行きサイズについて
オフィス家具メーカーの規格品は奥行が少し大きく出来ていて、40センチか45センチが主ですが、スペースにムダが多い感じがします。
A4を縦に収納しても必要なのは21センチ、横に収納しても必要なのは30センチあれば良いので、より小さめのものを選ぶことをオススメします。

●見た目について
使い勝手と同じくらいに大事なのは見た目です。
色がバラバラのキャビネットは塗装して一色に統一させることで、とてもスッキリします。
また、シンプルなデザインのオープン棚に綺麗な色味のバインダーを棚毎に並べると綺麗なディスプレイにもなります。

ぜひ棚選びの参考にしてみてください。

それでは、最後に弊社で使用している棚を幾つかご紹介します。

サンプル収納用の木製棚

扉がないので、多少サイズオーバーの書類でも綺麗に納まっています。

オカムラレクトラインシリーズのオープン収納棚

シンプルなので使いやすいです。真っ白な棚に緑の観葉植物がよく映えます。

オーダー品の木製棚

木の素材は温かい印象を与えます。どんな場所でもサイズぴったりで収められるのがオーダーの良いところです。

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る