トップ仕事場創りのアイデア集 > オフィスにおける“意味のあるアイデアやデザイン”とは何か?

代表ブログ

オフィスレイアウト

遊び心

オフィスにおける“意味のあるアイデアやデザイン”とは何か?

先日参加したコンペのクライアント様は、今注目の“働き方改革”を実践されており、
社内ルールを含めてオフィス環境も色々見直しをされているそうです。

クライアント様は
『自分たちの会社のあるべき姿をオフィスで実現したい』
また、
『“それって意味あるね!!”と言うアイデアやプランを取り入れたい』
と仰っていました。

オフィスにおける“意味のあるアイデアやデザイン”とは何か?
それは例えば、
●それを採用すると 仕事がはかどる
●それを採用すると 企画力がUPする
●それを採用すると 気分転換になる
●それを採用すると 情報書類の整理、活用がしやすくなる。
●それを採用すると 社内が明るくなる。
●それを採用すると コミュニケーションしやすくなる。
●それを採用すると 新しい人材が採用しやすくなる。
●それを採用すると 外部からの信頼感を与えられる。
●それを採用すると 仕事が楽しくなる。
●それを採用すると 毎日、会社に来たくなる。

つまり、ただオシャレにするとか無駄な造作をしないということ、
本当にその通りだと思います。
仕事のパフォーマンスが上がるお洒落さやアイデアのあるオフィスにすることが
大切ですね。

御社でも“オフィス環境における働き方改革”、始めてみませんか?
『ちょっと不便だな』とか『もう少し社内何とかしたいな』
と思ったらまずは配置を見直すだけでも結構、変わるものです。

それでは、今回は3社のデザイン提案事例をご紹介します。

ホームページ制作のベンチャー企業様のデザイン提案事例

1人で休めるハンモックコーナーや、靴を脱いでくつろげる和室部屋、気分を変えて仕事ができるリフレッシュスペース、業務内のゲームコーナーなど、遊び場が充実したオフィスデザインを提案しました。

革の輸入販売の会社様のデザイン提案事例

ビル一棟へ入居予定なのですが、こちらはその中の革のサンプルをディスプレイした打合せショールームです。革が、サンプルにも壁画のようなインテリアにもなるように壁側に吊るせる仕組みにしました。革が主役となるように、その他の家具は同じウッド素材であわせてシンプルなものを選択しています。

羊毛関係の会社様の事例

エントランスに羊が空を飛んだデスプレイを提案しました。クライアント様の、羊への愛情と、訪問されるお客様の緊張を少しでも解きほぐしたいいう優しさを表現したデザインになっていると思います。

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る