トップ仕事場創りのアイデア集 > 知っておくと便利なオフィスデザインにおける工事期間の目安

会議室

代表ブログ

エントランス

知っておくと便利なオフィスデザインにおける工事期間の目安

人間は、親しみや安心を感じられる、長年慣れた環境を好むものですね。
それでは働くオフィスにおいても同じこと。

しかし、これからは、どの事業でも益々競争が激しくなります。
同じ事を続けているだけでは、勝てません。
“新たなサービスや仕組み、アイディアなどを生み出し、何かを変えていかなくては・・・”
と考えられるなら、ぜひオフィスも進化させていきましょう!

・・・・少し強引だったでしょうかw

さて、今回は工事期間についてのお話をします。

オフィスの工事に関しては1日作業、2日作業から1週間以上かかるものまで様々です。
また、騒音の出る工事、匂いの出る工事等は平日作業がNGのビルも多いので注意が必要です。

工事日数の目安をまとめてみました。

①レイアウト変更工事
週末土・日2日工事となることが多いですが、内容によっては土曜の1日作業、金曜夜間・ 土・日の3日工事となる場合もあります。

②部分改装工事
個室の変更、新設ですと土・日の2日工事、設備(電気・防災など)工事等を伴うと3日から5日の工事となる場合が多いです。

③全体改修工事  
例えば100坪規模の1フロア全体改修工事ですと 3週間から1ヶ月、同じ場所で業務を行わなければならない場合は、もっと日数をかけて、土・日・祝の工事を繰り返して行う場合もあります。

④移転工事    
例えば、100坪ワンフロアで土・日・祝で工事をおこなう場合、工事期間は2から3週間ほどです。

ご参考にして頂ければと思います。
次回は準備と打合せ期間についてもご紹介させて頂きますね。

それでは、今回の提案事例紹介です。

広告会社様のエントランス会議室デザイン提案事例

Rのガラスが綺麗ですね。外から見られている感はミーティング参加者によい緊張感を与えます。また、天井と床の間接照明は、洗練されたイメージを演出します。床の絨毯が暗めないろなので間接光が際立ちますね。

出版会社様の会議室フロアのフリースペースデザイン提案事例

ライブラリーとしても使えるように、たくさんの本棚を設置しました。また、背の低い棚を選択し、採光を遮らないレイアウトにしました。ピンクのアクセントカラーを入れることで、キュートさを演出しています。

保険窓口会社様の接客スペースデザイン提案事例

窓のないこじんまりとした部屋なので、出来る限り閉鎖的にならないよう、明るめのライトを設置し、オレンジをメインカラーに使いました。また、部屋全体がすっきり見えるように扉つきの棚を設置し、書類やコモディティが隠せるデザインにしました。

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る