トップオフィスデザイン実績・事例 > OOCL ロジスティクス JAPAN

オフィスデザイン実績・事例

ビル指定工事のマネジメントと合わせて行ったオフィスデザイン事例

OOCL ロジスティクス JAPAN 様

オフィスデザインのPoint

今回ご紹介するのは、世界30カ国以上にわたり、高度な物流サービスを提供する企業様のオフィスデザイン事例です。
今回は湾岸エリアへの移転プロジェクトを担当いたしました。
充実したビルの共有スペースも、物件の選定のポイントのひとつとのこと、開放感のあるラウンジフロアや高級感のあるエレベーターホール等が目を引きます。
オフィス内部はホワイトをベースにし、シンプルで清潔感のあるデザインでまとめました。
会議室は圧迫感がないよう一部に前面ガラスを取り入れ、壁面はホワイトボードとして活用できるよう工夫しました。

今回は、以前からおつき合いのある外資系の不動産会社CBRE様よりご紹介をいただき、お取引につながりました。
今回の移転を機に2拠点を統合されることになるとのことで、オフィスはデザイン性よりも機能性や働きやすさといった点を重要視しました。

開放感のあるエントランスロビーです。
このような共用設備は、ちょっとしたお打ち合わせにも使えて便利ですね。


専用フロアーのエレベーターホールです。


お客様を迎える高級感のあるデザインです。照明の明かりも暖色系の落ち着いた色味ですね。

パントリースペース


こちらは実際のオフィスの全体パースです。
開放感のある執務スペースで、会議室も充実しています。

エントランスはシンプルでスタイリッシュに仕上げています。
ホワイトのパーティションをベースにブラックとグレートーンを使用し、モノクロカラーでまとめています。

エントランスの横には8名が使用可能な大会議室を完備。
パーティションの一面にはホワイトボードシートを貼り、広々と使えるホワイトボード機能をつけました。

また、4名用会議室を2つ用意し、社内外問わず多くの会議を行うことができるようになっています。ムダなものを置かずスッキリとしたシンプルな内装なので、会議や商談にも集中できる雰囲気です。

役員室です。
2面が窓になっているので、とても開放感を感じます。

執務スペースです。
窓側に配置したレイアウトのため、とても働きやすくなっています。
通路の幅も広めに確保しているので、圧迫感がありません。
オフィス家具は、以前から仕様されていたものを転用されています。

テレビ会議や電話会議に活用できます。
サークル型のテーブルは、参加者の上下関係を意識させずオープンなディスカッションに向いていると言われています。

会議室パーティションの前面ガラスには一部半透明シートを貼っています。


今回は、タワービルに移転されるとのことで、ビル指定のB工事が必要であり、その調整やスケジューリングまで担当させて頂いたプロジェクトでした。

専門的なお話になりますが、オフィスの工事には「B工事」と「C工事」というものがあります。
弊社が担当するようなデザイン部分の内装工事は、「C工事」と呼ばれます。
一方、「B工事」とは照明、電気、防災設備、スプリンクラーといった設備工事のことを指します。

今回のような大手ビルの場合は、ビルの工事規定や工事区分表をまとめた「マニュアル」があり、そこに記載されたルールに基づいて、オフィス工事を進めていく必要があります。
中には、施工時間や機器の搬入・搬出時間が厳しく決められていたり、B工事を請け負う業社が指定されていることもあり、内容を詳細に確認して進めることが大切です。

マニュアルの内容は、オフィスのレイアウトやデザインにも大きく影響します。
例えば、スプリンクラーの設置場所について、何m毎に設置しなければいけないか?が決められており、それを遮るレイアウトにした場合、追加設置が必要となる場合もあります。
スプリンクラーの新規設置は、1つ10万円以上かかることもあり予算も大きく変わってくるのです。

一方、ビルによっては、多少のマニュアル変更を許容してもらえる場合もあり、その傾向を知るためにはビル管理会社とのコミュニケーションが大変重要になります。

また、最近、流行している一人用の個室ブースを新しいオフィスに取り入れたいと希望されるお客様も多いのですが、オフィス内の個室を作る場合、空間の中に法律の基づいた消防設備や防災設備を整える必要があり、実はそれらの設備を整えるのに、想像以上のコストがかかるのです。

オススメなのは、オフィス家具メーカーが作っているワークブースを設置することです。
例えば、オカムラには3種類のワークブースがあり、天井をオープンにすることで防災基準をクリアしたものや、完全密室個室ながら消防庁通知条件をクリアした国内唯一のワークブースなど、複数種類のアイテムが揃えられています。
http://www.okamura.co.jp/company/topics/office/2018/work_booth.php


ムダなコストをかけず、効率的且つ理想的なオフィスを作るためには、上記のような専門知識とノウハウ、社内体制が整ったパートナー企業に相談されるのがオススメです。

また、移転先の物件を探される際にも、場所や内装だけでなくビルそのもののルールなども事前に確認しながら選ぶことが重要なのです。

DATA

業種 物流における輸送、倉庫保管、流通サービス
工事内容 内装工事・間仕切り工事・家具工事・サイン工事
ビル名 東京フロントテラス
設計・打合せ 2ヶ月 工期 3週間 坪数 70坪

お問合せ・お見積りのご依頼はお気軽に!

●新オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
●小規模改装などちょっとしたオフィスの手直しまで無料でご提案いたします。