トップ仕事場創りのアイデア集 > 【オフィス家具ベストセレクション】上質な空間を作るアイテム9選

オフィス家具・収納

スタイリッシュオフィス

【オフィス家具ベストセレクション】上質な空間を作るアイテム9選

“せっかくオフィスを改装するのだから家具にもこだわりたい”とお考えの方は多いと思います。

しかし、オフィス家具はデザイン性だけでなく、機能性にもしっかり気を配らなければならない点がホーム家具と違うところです。

例えば“チェア”
数時間座りっぱなしでPC作業を行う人もいる場合には、少しでも腰、背中、腕への負担が軽減されるフォルムや高さのものを選ぶことが大事なのです。
ただ、機能性ばかり重要視してしまうと、結局事務的で無機質な業務椅子を選ばざるを得ないということになってしまいますね。

機能性とデザイン性を兼ね備えたものが理想なのですが、多くの家具の中で“これ!”という1品を見つけるのはなかなか難しいものです。

そこで今回は、私がこれまで手がけてきた多種多様なオフィスデザインの中で、“これはぜひ多くのお客様にオススメしたい!”と思った、ベストオフィス家具を10個厳選しました。

ぜひ今後のオフィス作りにお役立てください!

「Steelcase」の“Think”チェア

●参考サイト:https://www.steelcase.com/asia-ja/products/office-chairs/think/

長時間座っている人の為に開発されたチェアです。姿勢を変える度にその動きに合わせて快適さを変化させることができる機能性を持っています。
実際に各メーカーのオフィスチェアを座り比べて比較した結果、一番評判の良かったチェアです。
弊社のオフィス内でも使用しているのですが、座った瞬間の軽さとフィット感が最高!オススメです!

「オカムラ」の“ Sylphy(シルフィー)”チェア

●参考サイト:http://www.okamura.co.jp/product/seating/sylphy/

こちらは2番めにオススメするチェアです。座る人の背中の形に合わせて4段階でリクライニングの調整が可能、座面もそれに合わせて調整されます。また、お尻を包み込むような曲面で足腰にも負担をかけません。
座り心地、機能性、プライスともよくバランスが取れた一品です。

「IKEA」の“BEKANT”電動昇降デスク

●参考サイト:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/S49222556/

最近、立ち姿勢を取り入れながら業務を行うのが流行りですが、その時に活躍するのが昇降デスクです。電動昇降テーブルでコストパフォーマンスをとるならイケアがオススメ、どのようなオフィスデザインにも馴染む使いやすいアイテムが揃っています。
今回ご紹介しているタイプはワークテーブルで、体に合わせて65cm~125cmまで調整可能です。弊社のフリースペースのテーブルとしても使用しています。
その他ミーティング、ワークテーブル、各種あります。

「オカムラ」の“Swift(スイフト)”電動昇降デスク

●参考サイト:http://www.okamura.co.jp/product/desk_table/swift/sp/index.html

立ち姿勢と座り姿勢を組み合わせて業務を行うことは、上質な睡眠の実現、ストレスの減少、活力の増加に効果があると言われています。上記でご紹介しているSwiftは昇降機能だけでなく、天板のエッジが腕に合った曲線に調整されていたり、昇降時に何か挟まった際にはすぐに感知してストップするなど、機能性にも優れたアイテムです。電動昇降テーブルのクオリティ、バリエーションなど総合的にみるとこのスイフトが一番です。

「ERECTA」の“HOME ERECTA”棚シェルフ

●参考サイト:https://www.erecta.co.jp/home/index.html

コストとデザイン性、サイズのバリエーションなどが豊富な棚シェルフです。棚板と柱のカラーや大きさを選び、好きなパーツを組み合わせて、オリジナルの棚を自分で作ることができます。
弊社では、プリンタースタンド、カタログストック棚として使用しています。
ビンテージ、ナチュラル、ウッディー、シックなど、様々なテイストに仕上げることが可能で、公式ページには様々な組み合わせ事例が紹介されています。

「オカムラ」の“63型軽量棚”

●参考サイト:http://www.okamura.co.jp/product/shelf/kotei_dana/pdf/63_Shelf.pdf

こちらは、オススメのベーシック棚です。カラーは、ホワイト1色ですがとてもシンプルで使いやすいです。弊社では、顧客BOXの収納棚として使用しています。
この棚と木天板でワークテーブルを組むこともできます。
また、棚の組み立てにビスを使っていないため、棚位置を容易に変更することができます。
家具メーカーオカムラのロングセラー商品です。

「USM」の“Haller(ハラー)”棚

●参考サイト:https://www.usm.com/ja-jp/zhi-pin/product-lines/usm-haller/usm-haller-in-the-office/

スイスのメーカーUSMのオリジナル棚です。スイスの建築家フリッ・ハラーが開発したシステムを使って自由にパーツを組み合わせることが可能です。
発表されて40年以上経ちますが、その洗練されたデザイン性は今でもまったく古さを感じないスタイルです。弊社では、エントランスの受付台に採用しています。
天板カラー、曲材カラーも各種あり、金額は高いですが一生もののアイテムとして使用できます。

「Garage」の“メタルシステム”スチール物品棚

●参考サイト:http://garage.plus.co.jp/item.asp?sku=411781

以前記事内でご紹介したオフィス家具店舗Garageで販売している“メタルシステム”という棚です。
イタリア製のメタルシステムは、スチールの素材を活かしたインダストリアルデザインで、スタイリッシュな部屋や店舗の陳列棚、シャープなデザインのオフィスの収納棚としても便利に使えます。
ヨーロッパの厳格な品質基準をクリアした丈夫さも特徴の一つです。

「ワークオリジナル」“アクリルパネル”

ちょっと目隠ししたい、目線を隠したい、だけど今のパネルを交換するまではやりたくないというニーズで製作した、弊社オリジナルのアクリルパネルです。
光を通すアクリルのフロストパネルを高さ30cm~40cmで加工、接続部にコの時の金物をかぶせ脱着式にしています。その高さ、長さとも好きなサイズで製作できます。
ご興味のある方は、お気軽に下記よりお問い合わせください!
https://work-design.co.jp/contact/

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る