トップ仕事場創りのアイデア集 > スペースに応じて最適な音環境を整える…オフィスの最新“音対策”をご紹介

会議室デザイン

リラクゼーションスペース

オフィスレイアウト

スペースに応じて最適な音環境を整える…オフィスの最新“音対策”をご紹介

移転やリノベーションの際に、よく見落とされるのがオフィスの“音対策”です。

ついレイアウトやデザインにばかり関心が偏り、目に見えないオフィス内の音対策については、新しいオフィス空間で過ごし始めてからその必要性に気づかされることが良くあります。

オフィスは、社員だけでなくお客様やパートナー企業、各種業者など様々な人が出入りする場所であり、また、営業活動、オフィスワーク、会議、システム開発など、多種多様な業務が行われる空間なので、そこで快適に過ごすための音対策は極めて重要なポイントです。

そこで今回は、今多くのオフィスで起こっている音問題を明確にした上で、今必要とされている音対策の方法を解説します。

これからオフィス移転やオフィスリノベーションを検討される方だけでなく、もっと快適なオフィスにしたい…と考えられているすべての方に、ぜひご一読頂きたい内容です。

会議室でさえ90%以上が音対策をしていない…今オフィスが抱える音問題

今主流となっているオープンなオフィスデザインは、部署や役職の垣根を超えて社員同士のコミュニケーションを活性化させ、事業にイノベーションを生み出す可能性を高める一方、オフィス内の音環境に関しては想定外の問題をもたらしているようです。

具体的な例としては、
・電話の相手の声が聞こえない
・テレビ会議がしずらい
・騒音(または無音)が気になって業務に集中できない
・声漏れが気になって白熱した会議ができない
・声漏れによる個人情報の漏洩が心配
・1対1の込み入った話ができない
などが挙げられています。

特に、機密事項を取り扱う会議での会話漏れについては、85%以上の役員・部長クラスが気にしているものの、90%以上の企業が特にそれに対する音対策を行っていないという調査結果(※)が出ています。
(※)参考サイト:https://www.kokuyo.co.jp/com/press/2015/04/1687.html

これからのオフィスに求められる音対策とは?

では、とにかく防音対策を強化すればよいのかというと、それもベストではないようです。

最近では、ある程度騒音がある方が業務に集中できるという人や、無音だとかえって周りが気になるという人もいて、音に対する意識は多様性を増しています。

そこで今オフィスに求められているのは、場所に応じて変える音対策です。
例えば、オープンスペースでは業務の生産性を高めるヴォサノバや集中力を高めるクラシックをBGMで流す、あるいは、ミーティングコーナーでは、小川のせせらぎや虫の音など、会話の内容が周りに聞こえない程度マスキングサウンドを流すといったことです。

また、オープンな場所に休憩スペースを作っている企業は、そこでは、ヒーリング・ミュージックやメディテーション・ミュージックし、音で仕切りを設けることも可能です。

一方、役員会議など重要な話し合いをする会議室や個室については、防音効果・遮音効果のある壁やパーテーション、防振効果・抑振効果のある素材の床や天井などで、できる限り音が漏れない対策を行い、集中空間を作り出すことが必要です。

このように、スペースだけでなく音についても様々なタイプの空間をオフィス内に作っておくことで、より精度の高いABW(=アクティビティ・ベースド・ワーキング)を実現することができます。

ただ、オフィスの音対策は、内容によっては、設備を整えるのに大規模な工事が必要なものもあるので、オフィス移転やリノベーションなど、オフィスデザインを新しくする際に一緒に検討しておくことが必要です。

最新のオフィス音管理ツール1“サウンドマスキングシステム”

参考サイト:https://www.kokuyo-eng.co.jp/products/soundmasking/about.html
こちらはコクヨが開発・販売しているツールです。
空調音のような音を流すことで、そこで話されている会話の内容が外に漏れないようになる仕組みです。導入された企業様の中には、社員がしばらく設置されたことに気づかなかった…ということもある程、自然なサウンドです。

最新のオフィス音管理ツール2“オフィスBGM”

※参考サイト:https://sound-design.usen.com/
USENが運営しているオフィスミュージックサービスです。
集中力向上やリラックス、リフレッシュ、気付きなど、目的や好みに合わせた音楽を選んでかけることができます。専門家の監修の元編集された音楽などもあり、メンタルヘルス対策にも最適です。

最新のオフィス音管理ツール3“ライブスパネル”

※参考サイト:http://www.okamura.co.jp/product/others/lives/sp/index.html
遮音効果のあるおしゃれなパーテーションです。温かみのある素材で、どの様なオフィスにも合わせやすいタイプです。床設置タイプと吊るしタイプから選べます。

この記事を書いたのは・・


マーケティング部

赤澤恵子

書いた記事をすべて見る