トップ仕事場創りのアイデア集 > これからのオフィスに求められるおしゃれなリフレッシュスペースデザイン6選

リラクゼーションスペース

これからのオフィスに求められるおしゃれなリフレッシュスペースデザイン6選

今、リフレッシュスペースのあるオフィスというのは多いと思います。
執務室の空きスペースに置かれたテーブルセットや、キッチンに併設されたカウンターなど、ちょっとした休憩場所が一箇所もないというオフィスの方が少ないのではないでしょうか。

しかし、せっかく作ったリフレッシュスペースが社員に使われていない…というケースも多いようです。なぜでしょうか?
それは、社員がリフレッシュ時間に求める環境が時代と共に変わってきていることにあるようです。

仕事の休憩時間と言えば、これまでは、他部署の方や上司と交流する機会と捉えられていたため、リフレッシュルームも社内のコミュニケーション活性化を主要目的に作られており、オープンな環境で誰でも自由に出入りできる空間デザインになっています。

しかし、その思考は時代と共に変化し、今の社員が求めているリフレッシュスペースには、下記の要素が必要なようです。
 ・カフェのようにおしゃれなインテリア
 ・リラックスできる静かな環境
 ・自然光や電球色など、落ち着ける明るさ
 ・周りが気にならないパーソナルスペース

そこで今回は、今の時代に求められるリフレッシュスペースのデザイン事例を6つご紹介したいと思います。
これからオフィスをリフォームされる方や移転を検討中の方は、ぜひご参考にご覧ください。

オフィスっぽくない、カフェのようなリフレッシュスペースデザイン事例

こちらは、アパレル会社のリフレッシュスペースデザイン事例です。
ここに居る時は気持ちがリフレシュできるよう、業務スペースにはないウッドやファブリックの家具・ペンダント照明・レンガ風の壁紙などを使い、雰囲気を変化させています。

特に照明にはこだわりました。カフェにあるようなおしゃれなデザインのものをチョイス、光も暖かみのある電球色にすることで、より落ち着ける空間になっています。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますのでご興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=213

個人ブースと共用席を併設したリフレッシュスペースデザイン事例

こちらは、システム会社のリフレッシュスペースデザイン事例です。
自然光が降り注ぐガラス窓に向かってパーソナルシートが並べられており、中央には複数人でくつろげるソファ席も設置されています。

業務スペースとリフレッシュスペ-スの間の透明ガラスにはすりガラスを貼り、完全な仕切りを設けています。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますので、ご興味のある方は、ぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=388

スケルトンの天井で開放感溢れるリフレッシュスペースデザイン事例

こちらは、元々広々としたスペースなのですが、さらに天井を排水管むき出しのスケルトンにすることで、さらなる開放感が広がる空間になっています。

インテリアは、ポップでカジュアルなものをチョイス、柱のイエローが差し色になった明るい雰囲気です。
中央には黒板を設置、落書きしたりミーティングで使ったりと便利に使えるアイテムです。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますので、ご興味のある方は、ぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=239

様々な素材を使ったカラフルで楽しいリフレッシュスペースデザイン事例

こちらのリフレッシュスペースデザイン事例の特徴は、とにかく楽しい空間であること。家具はウッド素材・ファブリック・プラスチックが使われ、壁や床にはフローリングやブロックタイルを組み合わせて使っています。天井にまで柄を施しており遊び心満点です。

シートも、2名席、4名席、6名席を用意、用途に応じて使い分けできるようにしています。さらに、窓際にリラックスできるソファ席もレイアウトしています。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますので、ご興味のある方は、ぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=199

100名は収容可能!ファミレスのようなリフレッシュスペースデザイン事例

“ワンフロア分空いたスペースがある”というオフィスに、ぜひデザイン事例としてご紹介したいのがこちらのリフレッシュスペースです。

空間内には、ファミレスブース、カウンター、長テーブル、キッチンなどがレイアウトされており、ミーティング、ランチ、ディスカッション、個人業務まで、幅広い用途に使用できる機能性の高いデザインです。

それぞれのコーナーが余裕を持って配置されているため、周りを気にせず自分の業務に集中できる環境が整っています。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますのでご興味のある方は、ぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=368

ちょっと気分を変えたい時に使えるリフレッシュスペースデザイン事例

こちらは、業務スペースと同じフロアの中に作られたリフレッシュスペースデザイン事例です。
ちょっと気分を変えたい…気が散らない静かな環境が必要…そんな時にさっと移動して業務を再開できるスペースです。

特徴的なのは、モノクロとスチール素材のシャープなデザイン、カッコイイオフィスを作りたい方に、ぜひご覧いただきたいです。

こちらのリフレッシュスペースには、プロジェクターと高品質なスピーカーも内蔵されており、社内パーティーも開ける環境が整えられています。

こちらのリフレッシュスペースデザインについては、下記の事例ページでも詳しくご紹介していますので、ご興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。
http://www.work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=384

この記事を書いたのは・・