トップ仕事場創りのアイデア集 > オフィスらしくない一覧

  • オフィスらしくない

    2017.04.17

    良い人材採用を後押しできるオフィスデザインとは?

    オフィスはその会社の人材採用にも大きく影響します。

    先日、オフィスの増床を計画しているとあるIT企業の担当者様が、ヒアリングの際に
    『これからエッジの鋭い人材を求めているので、そういった人が働きたくなるようなオフィスにしたい。そのために、特に今回は受付、エントランス、会議・面談、フリー
    スペースをプランデザインしてほしい』と仰っていました。

    確かに、受付やエントランス、会議室など目に留まりやすい外面を魅力的にすることは、
    面接に来た人によい第一印象を与える上でとても大切なのですが、今後そこで働くことを想定する採用候補者は、実際に働くデスク周りのデザインや距離感、視界、社内の働きやすさ、風通しの良さなどもチェックしていることを忘れてはいけません。

    外面、内面、共に力を入れたいですね。

    それでは、今回は一風変わった海外オフィスのデザイン事例をご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2017.04.17

    オフィスデザインの依頼タイミングについてと海外のユニークなオフィス事例3選

    通常オフィス移転は1年前から半年前ぐらいに決定しており、半年前頃までにオフィスデザインに関するご相談をいただき、スケジューリングするケースが多いのですが、ご依頼頂く中には、1.5ヶ月から2ヶ月後に引っ越し日というスピード移転でのご相談もございます。

    オフィス面積と用途によりスケジュールも柔軟に対応致します。
    例えば、工事期間に1週間~2週間、その工事の準備期間や製作発注期間に1週間~3週間という猛スピードで進めていくこともございます。

    また、どうしても移転が先行する場合は、内装工事を入居後にするケースもございます。

    例え少々タイトなスケジュールでも、プランニング、デザイン、予算などを調整し
    お客様に最大限満足して頂けるものを提案していく事が私たちの使命でもあり、楽しみでもあります。
    もし、急なオフィス移転が決定し、でもせっかくだからこの機会にオフィスデザインも一新したいとお考えの企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

    ただ、他の案件やスケジュールの状況によっては、大変恐縮ではございますが対応が難しい場合もありますので、予めご了承ください。

    それでは今回は、海外のユニークなオフィスデザイン事例をご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2016.06.16

    オフィスデザインイメージを伝える時に使える写真10選

    オフィスの内装を業者に依頼する際、「なんとんなく」で伝えてしまうと
    いまいちイメージと違うデザインがあがってきたり、社内でもコンセンサスが
    とれなかったりするものです。

    そのような時は、ある程度イメージを持って伝えるためにも
    イメージに近い実際のオフィス写真を使いながら伝えたり社内にも共有することで
    スムーズに進めることができます。


    そこで、今回はイメージを固める上で参考となるようなオフィスデザイン写真を
    集めてみました!アイディアやイメージの参考にしてください!

  • オフィスらしくない

    2017.05.24

    オフィスの印象を大きく左右する床デザイン例6選

    オフィス内装において意外に後回しにされがちなのが“床”です。
    しかし、実は“床”は最もオフィスのイメージを決めるパーツと言っても過言ではありません。

    どんなにオフィス家具やレイアウトにこだわっても、床の素材、色、柄を間違って選択してしまうだけで、オフィス全体の印象は大きく変わってしまいます。
    また、デザイン性だけでなく、お掃除のしやすさや汚れや傷の目立ち具合、耐久性など機能面も考慮して検討することが大切です。

    様々なパターンの床デザイン事例を見て完成をイメージすることや、おすすめの床内装をまずはデザイン会社に相談してみることが失敗しないコツです。

  • オフィスらしくない

    2017.06.15

    店舗デザインの奥深さとスタイリッシュなオフィスデザイン事例3選

    今回は店舗デザインのお話です。

    店舗にとって内装デザインはとても重要です。

    例えば飲食店一つとっても、多くのお客様に来てもらうためには、そのお店の空間で過ごす食事の時間がより楽しいもの、又は非日常を感じるものとなる必要があり、その特別なひとときを求めて『また来たいなぁ~』と思ってもらうことが大事です。

    ですので、そのようなお店を作る店舗デザイナーの仕事の幅はとても広く深いのではないかと思います。
    まず、商売として成立させるための立地、席数、メニュー、サービス、スタッフの動線、もちろん外看板から内装デザイン、照明の雰囲気、さらに細かい所ではテーブルウェア、ユニフォーム、ロゴ、紙バック等の小物に至るまで丁寧にブランディングしていく必要があると思います。
    また、予算や投資額も組織と個人オーナーさんではかなり違うと想像します。

    弊社はオフィスが専門ですが、最近ではお客様から
    “カフェのようなオフィスにしたい”とか、“店舗のようなショールームにできないか”
    というようなリクエストも多くありますので常に商業施設・店舗には注目しているのです。

    それでは最後に3つのオフィスデザイン事例をご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2017.06.15

    デザイン案のお客様への伝え方とFacebookオフィスのご紹介

    今回のテーマは“伝えること”です。

    オフィスデザインも、提案内容をお客様にどう伝えて、どう理解して
    もらえるかがとても大切になります。

    特にお客さまは図面等は見慣れていませんので、なかなかイメージしずらいものです。
    なので、最近では立体的にイメージできるCGパースも活用しています。
    あとはスケッチや参考写真なども活用して色々な方法でお客様に伝えていきます。
    さらに、内装で使う素材サンプルや色サンプルも取り寄せて、できるだけ完成後をイメージできる様に工夫しています。

    また、一番イメージしにくのは、物を設置した時のサイズ感や通路の幅など“スペース”に関してです。完成した時に、狭すぎたり、広すぎたりすることが無いようこちらでも細心の
    注意を払います。

    サイズ感は、現状オフィスとの比較するのが一番イメージしやすいと思います。
    特に個室や会議室等は、その面積を数字で表記して客観的に比較することができます。

    また、これらの伝達手段ですが、大事なことは直接会って伝えること、それが出来なければ電話で直接話すことが大事です。
    昨今、色々なやり取りがメールになっていますが、それに頼るのではなく
    お互いの意見や気持ち、ニュアンスも含めてきちんと理解し合える“対話”が大切です。

    それでは最後にFacebookのオフィスデザイン事例をご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2017.08.10

    【事前に知っておくと役立つ】オフィス改装でよくある3つの失敗と回避策

    今回は、オフィスを改装する際によく起こってしまう3つの問題とその回避方法をご紹介します。

    ①デザインがイメージと違う
    最も多い問題です。原因は様々なのですが、最初から具体的なデザインイメージが強いお客様ほど、出来上がったオフィスに不満を感じられることが多いように思います。
    あまり完成イメージを固め過ぎず、できればNG要素だけをピックアップし、デザイン会社と一緒に作り上げていく方が満足度の高い仕上がりになるのではないでしょうか?

    また、具体的な回避策として、デザイン案は部分的な絵や口頭説明だけでなく、より立体的にイメージしやすい「CGパース」で確認することをおすすめします。

    ②家具や収納の使い勝手に思わぬ不具合が出る
    “一目惚れした大きな透明のテーブルを会議室に設置したところ、蛍光灯に反射して眩しくてとても使い続けられる状態じゃなかった”これは実際にあった問題です。
    また、今流行りのDIYですべて手作りしたところ、家具のサイズが合わなかったり、
    レイアウトに失敗して開かずの扉が出来てしまったというのもよくあります。

    やはり、オフィス改装はデザイン会社への依頼をおすすめします。
    部分的な活用でも良いと思います。
    プロが入ることで上記のようなトラブルを回避できる他、もし問題が起こってもその対処方法をご提案することができるからです。

    ③色味や素材が想定のものでない
    この問題の原因として最も多いのは、写真で色や素材を決定していることです。
    写真だけで確認していると、実際の色味と違うということがあるので、色や素材のサンプルは必ず見せてもらうようにしましょう。
    また、色については、赤や黄色のビビットカラーをを全面に使ってしまうと、オフィスを使い始めてからやっぱり落ち着かず失敗に気づくこともよくあります。そのような色味は差し色として入れるのがおすすめです。

    いずれにしても、多数のオフィス改装を経験してきたオフィスデザイン制作会社のアイデアを、上手に活用しながら進めることが大切だと思います。

    それでは、最後に5つのデザイン事例をご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2017.08.24

    今一番人気!カフェ風オフィスの作り方

    様々なテイストで作られるオフィスリフォームですが、今もっとも依頼が多く人気なのは、
    “カフェ風オフィス”です。
    そこで今回はカフェ風オフィスの作り方をご紹介します。
    ----------------------------------------------
    ①カフェのタイプの決定
    ----------------------------------------------
    一言でカフェと言っても様々なカフェがありますね。
    「かわいいカフェ」、「スタイリッシュなカフェ」、「ナチュラルなカフェ」、
    「アンティークなカフェ」・・・etc
    まずはどのタイプのカフェにするか、コンセプトを設定します。

    この時、ゼロからイメージを作るのではなく、参考にしたい実際のカフェを、
    できれば2,3例に上げられると、デザイン会社とイメージが合わせやすいです。
    ----------------------------------------------
    ②カフェ風レイアウトとは?
    ----------------------------------------------
    カフェ風オフィスの共通点は“オープン”であること、
    仕切りや個室をなるべく作らず、オープンなレイアウトにしましょう。

    移動式のパーテションやブラインドなどを取り入れると
    TPOに合わせて即席のプライベート空間を作ることも可能です。
    ----------------------------------------------
    ③オフィス家具の選択
    ----------------------------------------------
    センスの良いオフィスにする為に、もっとも重要なポイントです。
    ただお洒落なもの、というだけでなく、①のコンセプトに合わせて
    コーディネートすることが重要、サイズもオフィスの広さやレイアウトに合わせて
    選ばなければなりません。

    また、デザイン性だけでなくビジネスオフィスとしての機能性も考慮しないと
    実際に業務を始めた時に使い勝手に問題が出てしまいます。
    ----------------------------------------------
    ④装飾品はカフェ風オフィス作りの仕上げ
    ----------------------------------------------
    コンセプト、レイアウト、オフィス家具が決定した後、それらが作り上げられた空間に、
    どのような装飾をプラスするとよりカフェ感が高まるか?を考えます。
    何を置くか?だけなく、色や素材、また置く場所にもこだわって選び、
    空間全体のバランスを調整しましょう。
    ----------------------------------------------
    ⑤その他カフェ風オフィス仕上げるためのちょっとしたアドバイス
    ----------------------------------------------
    ●ウッド調の素材はよりカフェ感を出しやすいです。
    ●照明は明るい昼光色ではなく、暖かい電球色を選ぶ方が落ち着く空間になります。
    ●ジャズやボサノバなどの音楽をかけることで、ぐっとカフェ空間を演出できます。

    “次はカフェ風のオフィスにしたい♪”とお考えの企業さまはぜひ参考にしてみてください。

    それでは最後に一風変わったカフェ風オフィスデザイン事例を5つご紹介します。

  • オフィスらしくない

    2017.09.06

    社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

    海外のオフィスでよく見かける“フリースペース”
    環境を変えたい時や業務に集中したい時など、様々な使用用途で便利に使え、
    仕事のパフォーマンスやクリエイティビティUPも期待できるので、
    オフィス改装やリフォームを機に新設するのはおすすめです。

    フリースペースを設置するメリットは他にも色々あります。
    例えば、従業員の勉強や調べものスペースとして使えたり、
    公式の会議でなく、軽いミーティングにも使用可能、
    さらに、レイアウトやデザインを工夫することで、社内コミュニケーションを
    深める場所としての活用や、社内外のセミナーやイベントスペースにすることも
    できるのです。

    “うちのオフィスは狭いからそんなスペースは確保できない”と、
    最初から諦めてしまうのは早いかもしれません。
    限られた広さでも、レイアウト次第で通路や執務室内に“フリーコーナー”として
    作れることもありますので、ぜひ一度ご相談くださいね。

    ここで、より居心地のよいフリースペースを作るために、
    心得ておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。
    …………………………………………………………………………………………………
    ①フリースペースにおけるメインの使用目的を明確にする
    …………………………………………………………………………………………………
    業務や勉強が中心か、セミナーやイベント用か、はたまたランチや交流の場
    としても活用するのか?主要用途によってレイアウトや、設備、家具選びが
    変わってきますので、フリースペースといえども、ある程度目的は絞っておきましょう。

    …………………………………………………………………………………………………
    ②執務スペースとはイメージを変える
    …………………………………………………………………………………………………
    せっかくのフリースペースなので、通常の業務環境とは違いある、
    気分が変わるようなデザイン性の高い空間にするのがオススメです。
    時計や壁紙、床、椅子やテーブルなども、
    ちょっと質の良いもの、おしゃれなものを選びたいところです。

    …………………………………………………………………………………………………
    ③使用ルールを作る
    …………………………………………………………………………………………………
    せっかくフリースペースを作っても、結局あまり使われていない、
    または常にいっぱいで使えないという状況になるのはもったいないです。
    有効利用するためにも、使用可能時間や使用規則などを予め決めておきましょう。
    また、お掃除ルールなども決めて気持ちよく使い続けたいですね。

    …………………………………………………………………………………………………

    それでは最後に参考にしたいフリースペースデザイン事例を6つご紹介します。