トップ仕事場創りのアイデア集 > オフィスレイアウト一覧

  • オフィスレイアウト

    2016.11.08

    オフィスレイアウトは面白い!

    オフィスデザインの仕事をやっていますと、いろいろな業種のお客様のレイアウトを提案する機会があります

    最近の傾向としては、
    「できるだけ開放的なオフィスにしたい」
    「会議室もガラスにしたい」
    「デスクレイアウトもできるだけコミュニケーションをとりやすくしたい」
    「あまり事務所事務所したくない」などです。

    オフィスのレイアウトは、いろいろな条件や希望を取り入れてやっていきますが、最終的にはどこまでお客様の事、入居するビルの事を理解しているかでかなり出来が左右してきます。
    また、お客様でも若い経営者の方ほど、オフィスを上手く活用している感じです。
    例えば、「受付や会議室はしっかり作り、オフィス内部はIKEAの家具を使って、オシャレで安くしたい」
    「いい人材を採用する為に働きやすいオフィスにしたい」
    などです。

  • オフィスレイアウト

    2017.04.25

    空間を広く見せるデザインのコツ【50坪~100坪】

    “一般的にオフィスデザインというのは、最低どのぐらいの広さから依頼するものなのでしょうか?”というご質問をよくいただきます。
    大体50坪以上のオフィスであれば、自社でレイアウトを組むよりもデザイン会社に依頼した方が、空間を効果的に使ったよりイメージ通りのオフィスになるのではないかと思います。

    反対に、50坪以下でしたら、自社内で構成を考えたりオフィス家具をえらんだりとコーディネートしてみるのも、そこまで大きな負担にならず楽しめると思います。
    また、エントランスやミーティングルームなどオフィスの一部のみデザインを依頼するといった方法もあります。

    いずれの広さであっても、オフィスデザインはデザイン会社へ完全に委ねるのではなく、何か自社で考えたもの、選んだもの、作ったものを取り入れましょう。その方がオフィス自体に愛着がわき、社員の同士のチームワークにも繋がります。

    それでは今回は、最も依頼の多い50坪~100坪のオフィスデザイン事例を2種類ご紹介します。

  • オフィスレイアウト

    2017.04.28

    オフィスにおける“意味のあるアイデアやデザイン”とは何か?

    先日参加したコンペのクライアント様は、今注目の“働き方改革”を実践されており、
    社内ルールを含めてオフィス環境も色々見直しをされているそうです。

    クライアント様は
    『自分たちの会社のあるべき姿をオフィスで実現したい』
    また、
    『“それって意味あるね!!”と言うアイデアやプランを取り入れたい』
    と仰っていました。

    オフィスにおける“意味のあるアイデアやデザイン”とは何か?
    それは例えば、
    ●それを採用すると 仕事がはかどる
    ●それを採用すると 企画力がUPする
    ●それを採用すると 気分転換になる
    ●それを採用すると 情報書類の整理、活用がしやすくなる。
    ●それを採用すると 社内が明るくなる。
    ●それを採用すると コミュニケーションしやすくなる。
    ●それを採用すると 新しい人材が採用しやすくなる。
    ●それを採用すると 外部からの信頼感を与えられる。
    ●それを採用すると 仕事が楽しくなる。
    ●それを採用すると 毎日、会社に来たくなる。

    つまり、ただオシャレにするとか無駄な造作をしないということ、
    本当にその通りだと思います。
    仕事のパフォーマンスが上がるお洒落さやアイデアのあるオフィスにすることが
    大切ですね。

    御社でも“オフィス環境における働き方改革”、始めてみませんか?
    『ちょっと不便だな』とか『もう少し社内何とかしたいな』
    と思ったらまずは配置を見直すだけでも結構、変わるものです。

    それでは、今回は3社のデザイン提案事例をご紹介します。

  • オフィスレイアウト

    2017.06.15

    会社ブランディングを見直し、オフィス内装に反映させる方法

    今回は、会社のブランディングの見直しとそれをオフィスデザインにどう反映させるか?
    についてお話します。

    多くの会社において、ブランディングを見直すタイミングというものがあると思います。
    スローガンや方針等を含めて、社名の見直し、ロゴマークの見直しなどを行い、
    社内のスタッフ、社外のお客様、協力会社様へその変化をアピールされることと思います。

    そしてオフィスにおいてその会社ブランドを反映させる代表的な場所は、3つです。
    ①受付
    ②会議室
    ③ワークスペース

    最近では社内スペースとして
    ④リフレッシュ&ミーティングコーナー  
    をもっと活用できるよう、検討されるお客様も多いですね。
    気持ちがリラックスしている空間で受け取るメッセージは、より従業員の心に響くかもしれないですね。

    オフィスも同じ環境で長い期間過ごしていると飽きもきます。
    会社のブランディング見直し時期は、オフィス環境も一緒に見直す良いキッカケになると思いますので、ぜひ一緒に検討されてみてはいかがでしょうか?

    それでは最後にデザイン事例をご紹介します。