トップ仕事場創りのアイデア集 > オフィスレイアウトで変わる!社内コミュニケーション活性化の仕掛け

リラクゼーションスペース

会議室デザイン

オフィスレイアウト

オフィスレイアウトで変わる!社内コミュニケーション活性化の仕掛け

今、オフィスでのコミュニケーションを活発にして企業力を上げようという取り組みが多くの会社で行われています。

ただ“コミュニケーション”と一言で言ってもその対象は、社員同士、グループ会社間、対顧客、対地域社会など様々あり、それによってオフィスの作り方も変わってきます。
まずはその対象と目的明確にした上で、具体的なアクションを起こすことが成功の秘訣と言えるでしょう。

さて今回は、対象を社員同士に絞り、社内コミュニケーションを活性化させるオフィス作りのアイデアをご紹介していきたいと思います。

オフィスの執務室内にレイアウトするミーティングスペース

通常は個室や専用スペースに作る会議室を、敢えて業務を行っているオープンスペースに設置するいう方法です。
この方法であれば、大掛かりなレイアウトを変更をしなくても、今のオフィスの空いたスペースに、テーブル、イスを設置するだけで完成するので簡単です。

社員間のオープンマインドが高まると共に、他のチームや事業部で話し合っている内容が耳に入り、自然と距離感も縮まります。
他のチームの会議の進め方やマネジメント姿勢も学べるのもメリットの一つです。

プラザ型レイアウトで敢えてオフィス内を回遊させる動線設計

“他事業部の島に行ったことがない”という方も多いと思います。忙しい毎日の中では、業務上関わりのない人と接する時間が減っていく一方ですね。そこでオススメしたいのが、プラザ型レイアウトです。
“プラザ=街中の広場”を中心に囲うようにゾーンを作ることで、プラザでは自然と人が集まり、すべての事業部が見渡せるようになります。

また、敢えてゾーンの先に会議室やカフェテリアといった共有スペースへの道を作り、そこを通らないとたどり着けないレイアウト動線を組むのも効果的です。

社員が最も必要としている“コミュニケーションスペース”を作る

海外のオフィスでよく見かける様々なフリースペース。
例えば、カフェステリアや食堂、ビリヤード台が置かれたレクリエーションルーム、仮眠が取れるリラックスルームやバーなど、魅力的なものが多いですが実際に使われなければ意味がありません。

そこでオススメしたいのは、社内アンケートを取って社員が最も使いたいと思うルームを設置するという方法です。
またそこのインテリアデザインや家具は、こだわったオシャレなものを選び社員がこぞって集まるような空間に仕上げるのが大事なポイントです。

オフィス改装のタイミングで思い切ってチャレンジしたいフリーアドレス

セクショナリズムが無くなるフリーアドレスは、もっとも社内コミュニケーションを活性化させられる方法です。毎日環境が変わる上、事業部・立場の違う人と交流が出来るので、社員のコミュニケーション能力も同時に高められます。

ただ、フリーアドレスを実際に取り入れたオフィスによくある課題として“結局同じ席に座ってしまう”“私物を置くスペースがい”“業務の相談ができない”といったことがあるようなので、予め対策を立てた上でチャレンジする必要があります。

※本記事で使用している画像はイメージとなります。記事の内容に沿った事例オフィスではございませんので予めご了承ください。

この記事を書いたのは・・


マーケティング部

赤澤恵子

書いた記事をすべて見る