トップ仕事場創りのアイデア集 > 緑のプロが伝授!リフォーム前に知っておきたいオフィスグリーンのイロハ

代表ブログ

オフィス緑化

会議室デザイン

エントランスデザイン

リラクゼーションスペース

明るい雰囲気のオフィス

スタイリッシュオフィス

緑のプロが伝授!リフォーム前に知っておきたいオフィスグリーンのイロハ

オフィスの緑と言えば、以前は植木や生花を飾るというのが主流でしたが、最近は、レイアウトや空間イメージに合わせて様々な植物をお洒落にデザインしている企業が増えてきました。

オフィスグリーンは、疲れた目を休ませたり、心身を穏やかにすると共に、企業のブランドイメージUPにも繋がるので弊社でもオススメの装飾、“うちのオフィスにも取り入れられないだろうか…”と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、これまで50社以上のオフィスグリーンをプロデュースしてきた
en景観設計株式会社の代表取締役社長中山様に、オフィスグリーンが企業にもたらす効果や最近トレンドのデザイン、実際にかかるコストや手間などを聞いてみました。

オフィスグリーンに期待する2つの効果

中山様のお話によると、法人のお客様がオフィスグリーンを取り入れる目的は大きく分けて2つあるそうです。
一つは、従業員の生産性やモチベーションをアップさせること。鎮静やリラックスといった心理的効果のある緑を取り入れることで、居心地の良いオフィス空間を作り、「働き方改革」の一つにしたいと要望される企業が多いのだそう。実際、英国大学の調査では、グリーンのあるオフィスは生産性が15%UPしたというデータが明らかになっています。

もう一つは、採用力を上げること。ある調査によると就職活動学生の90%が就職先を選ぶ際にオフィス環境を重要視すると回答しており、ナチュラルで穏やかな職場雰囲気を作り出せるグリーンオフィスは、多くの就活生に好印象を与えられます。

ちなみに、それぞれの目的に合わせてグリーンを設置するオフィススペースが変わるそうで、従業員の生産性UPであれば、業務スペースや会議室、休憩スペースを中心に、また、採用力UPであれば、エントランスや来客スペースを中心にコーディネートするのが効果的なのだそうです。

【オフィス移転の前に知っておきたい】オフィスグリーンのデザインステップ

“オフィスに設置する多くはリアルな植物ですので、生息できる環境確保が不可欠です。”
en景観設計様では、依頼があったらまずそのオフィス空間の「照度(照明・自然光含む)」と「風」の有無をチェックするそうです。
そしてその空間に合うベストな植物を選ばれるとのこと、環境によっては装飾できる植物が限られてしまったり、お客様から希望されている種類のものを設置できないこともあるとのこと、しかし、例えば風が足りない場合は人工的に風を当てるサーキュレーターを取り入れるなど、工夫次第で条件を整えられることもあるそうなので、まずは要望を伝えてみることが大事ですね。

次にデザインを考えるのですが、その時に重要なのが全体のオフィス空間と馴染むようにコーディネートすることなのだそう。人工的なコンクリートで建てられているオフィスでは、植物をただ床に置いているだけでは浮いてしまうので、例えば棚に設置する際には、鉢植えが見えないように植物を敷き詰めて収納部分と一体化させたり、窓のサッシ部分を利用して緑が壁に沿って垂れ下がるように設置したりすることで、まるで植物がそこから生えてきたかのように自然な存在感を作ることがポイントなのだそうです。

【参考にしたいデザインアイデア】最近のオフィスグリーンのトレンド

壁面緑化や床の芝生、アクアリウムとのコンビネーションなど、様々なデザインが可能なオフィスグリーンですが、最近流行りのデザインを2つ中山様にお聞きしました。

“トレンドというわけではないと思うのですが、最近天井からつるすタイプの装飾をご相談されることが多いです。これはオフィスの広さを選ばないので取り入れやすいと思います。”
ただ、つるすタイプは、あまり水やりができないので、乾燥に強い植物を選ぶ必要があるそうです。
“あとは部屋の真ん中に大木を立てて、その周りにドーナツ型のベンチを置き、休憩&待合スペースにするというデザインも増えてきました”こちらは、広さが必要ですが、木のエネルギーを感じられるインパクトの強いオフィスになりますね。

オススメなのは手軽なレンタルタイプ!オフィスグリーンにかかるコストと手間

最後にコストの目安をご紹介致します。購入タイプかレンタルタイプかによってプラン内容が変わるのですが、en景観設計株式会社様の場合は

<購入タイプ>
・従業員数10名~20名のオフィスの場合:30万円~
<レンタルタイプ>
・従業員数10名~20名のオフィスの場合:月20,000円~
・1週間に1回程度のメンテナンス(※)含む
 (※)水やりや殺虫、施肥などの管理をすべておこない、植物の状態が悪くなりそうな場合は無償で交換

いずれのプランも空間デザイン費用を含んでいます。また、購入タイプの場合でも、日々のメンテナンス方法などを事前にお伝えいただけるとのこと、また、オフィス環境上本物の植物が設置できない場合には、ドライ植物をご提案することも可能なのだそうなので、ご興味のある方はぜひ色々とご相談してみてください!

★今回オフィスグリーンに関するお話をお伺いした企業様のご紹介★
--------------------------------------------------------------------------------
●社名:en 景観設計株式会社
●住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町4358-1
●代表取締役: 中山大輔
●TEL:045-299-7719
●MAIL:info@enlandscape.co.jp
●HP:http://enlandscape.co.jp
●事業内容:住宅、商業施設の造園設計・施工・メンテナンス、オフィスや店舗へのレンタルグリーン、植物と鉢の小売
--------------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたのは・・

代表取締役
インテリアコーディネーター プロジェクトマネジメント

坪内 雅彦

書いた記事をすべて見る