トップ仕事場創りのアイデア集 > 今海外オフィスでも大人気!和モダンなオフィスデザイン特集

オフィス家具・収納

エントランスデザイン

オフィス照明

リラクゼーションスペース

スタイリッシュオフィス

今海外オフィスでも大人気!和モダンなオフィスデザイン特集

オフィスデザイン・レイアウト事例カタログ60選

最近、和紙や竹、畳、提灯などといった、和を取り入れたオフィスデザインが人気を集めています。
海外の会社にも大人気で、以前訪問した外資系企業のオフィスでは、執務室が銭湯をイメージしてデザインされていました。

和風のオフィスデザインは、下記のような点が魅力です。
・上品で落ち着いた空間になる。
・飽きない
・アレンジしやすい
・好き嫌いが分かれにくい(みんなに愛される)

同じ和風デザインでも、ワンランク上のおしゃれオフィスにしたいなら、和にモダンな要素を組み合わせるのがオススメです。

例えば、糸カーテンや透明ガラス、スチールといった異色の素材を組み合わせたり、オレンジ・ゴールド・ブルー・レッド・ホワイトといった、ビビッドな色を取り入れることでおしゃれな和モダンオフィスを作ることができます。

ここからは、弊社が以前デザインした和モダンオフィスの事例と共にデザインのポイントをご紹介します。

オフィスデザイン事例①:品の良さが際立つ和モダンなエントランス

こちらは、エントランスを和モダンにデザインした事例です。
正面は、日本家屋によくある格子をイメージしています。
通常の格子はヒノキや竹といった明るい色味ですが、今回はウォールナットを採用することで、和風になりすぎず洗練された空間になるようデザインしました。
飾り棚をつけて、季節に応じたアレンジを楽しめるようにしています。

天井からのポイント照明と、壁の関節照明を組み合わせることで、品格のあるスタイリッシュな空間にまとまっています。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=385

オフィスデザイン事例②:京都を感じられる空間

こちらは、和ならではの木のぬくもりを感じられるエントランスデザイン事例です。

プリザーブドグリーンと偽岩で作られた箱庭や、赤土色の左官の塗り壁は、まさに日本の歴史と伝統を感じさせるインテリアです。

こちらでは、来社される方がリラックスできるよう、靴を脱いでオフィスに入るようになっています。
木で作られた靴箱も日本ならではのインテリアです。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=399

オフィスデザイン事例③:信頼感を与える落ち着いた和モダン空間

こちらは、外資系企業様なのですが“日本らしさを感じられるオフィスを作りたい”とのご要望を頂き、デザインした事例です。

特長的なのは、多種多様な素材を組み合わせていること。
木の格子、竹林、ガラス、玉砂利で日本庭園風の空間を作りました。
一方、床は幾何学的でモダンな絨毯を組み合わせることで、和なだけでなくおしゃれさも加わった空間に仕上がりました。

落ち着いた照明の明かりが、来社する人を温かく迎えています。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=320

オフィスデザインアイテム④:畳のフリースペース

こちらは、オフィス全体は壁画アートなどを施したスタイリッシュなデザインなのですが、あるフリースペースのみ和風になっています。

ビル最上階にある、屋根裏部屋のようなスペースを利用した空間です。
天井が低く立ち上がることが難しいため、畳を敷き詰め小上がり和室にしました。
入り口には暖簾を垂らしており、プライベートを維持できるようにしています。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=287

オフィスデザインアイテム⑤:暖簾を使った粋な入り口

こちらは、エントランスドアの代わりに日本ならではのインテリア“暖簾”を使ったデザイン事例です。

暖簾は、そこが入り口と誰もが認識できる一方、閉塞感のないオープンな雰囲気を作れるのが素晴らしい点です。
照明に描かれた“まいど”の文字も、おもてなしの心を感じます。

サイドに立っている照明スタンドや企業ロゴが浮かび上がる柱のステンレス素材とも、素敵に調和しています。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=59

オフィスデザインアイテム⑥:日本っぽさを感じさせる黒皮鉄

こちらは、企業の伝統を黒皮鉄で表現したエントランスデザイン事例です。

黒皮鉄とは、表面が黒皮という黒い皮膜で覆われた鉄材の一つ。
塗装されていないので、時間が経つごとに味わいが増していきます。

日本古来の素材というわけではないのですが、独特の色合いや質感が和モダンなオフィスデザインには良く合います。
また、空間全体に重厚感が出て、上質な雰囲気を作り上げます。

※本事例は、下記のページでも詳しくご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=408

オフィスデザイン・レイアウト事例カタログ60選