トップ仕事場創りのアイデア集 > 集中席を作る会社増加!パフォーマンスが上がるオフィス環境の作り方

会議室デザイン

オフィス家具・収納

オフィスレイアウト

集中席を作る会社増加!パフォーマンスが上がるオフィス環境の作り方

オフィスデザイン・レイアウト事例カタログ60選

社員のパフォーマンスが上がるオフィスを作るには、オープン席と集中席の両方を備える必要があります。
オープン席は、部門や役職の垣根を超えたコミュニケーションによってイノベーションが生み出される場所となり、集中席は、それらを形にするための実務を、一人、またはチームで遂行していく場所となります。

オープン席については、昨今のフリーアドレスの流行によってすでに多くのオフィスで実現されていますが、集中席については、まだ確保されていない企業が多いようです。

そこで今回は、集中席に焦点を当てて、業務のパフォーマンス向上に繋がるオフィス環境の作り方をご紹介したいと思います。

集中できないオフィス環境では、社員のパフォーマンスが下がっている?!

ここ数年は、“コミュニケーション活性化”がオフィス作りにおけるトレンドキーワードでした。
社員同士の偶発的な出会が生まれるようなレイアウトを組んだり、フリーアドレスやカフェスペースなどといったフリースペースを増設したりするなど、開放的な空間を好む企業が増えてきました。

一方で、すべてがオープンなオフィスでは、業務のパフォーマンスが上がらないという社員の声も上がっています。
オープンなディスカッションによって生まれた新しいアイデアは、形にし・推敲し・実行していくことで初めて成果に繋がります。
このPDCAにおけるDCAの過程には、集中できる業務場所が不可欠なのです。

具体的には、部門やチームだけで密に話し合いができる場所や、誰からも話しかけられることなく個人の業務を進められるプライベート空間といった「集中環境」が必要とされています。

オフィス内における集中環境の作り方

ここからは、オフィス内の集中環境の作り方をご紹介します。

まずは、個人業務スペースの作り方です。
個人業務スペースにおいて、最もプライベート感を高められるのは「BOX型ブース」です。
最近は、防音効果の高いフェルト素材のものやカラフルなもの、完全個室や半個室、デスクと椅子がセットになったタイプなど、様々な型のブースを各メーカーが製造しています。

また、個人業務スペースは「ハイカウンター」でも作ることができます。
ハイカウンターを窓際や壁沿いに設置することで、他の社員と目線の合わせず業務に集中できる他、ブースと比較すると、多くの席数を確保することができます。

個人業務スペースを作る上で大切なのは、サイレント環境を整えることです。
防音効果のある素材を採用する、周辺はクワイエットルームとするなど、社員の集中力を途切れさせない環境作りが必要です。


次に、チームや部門によるクローズドなミーティングスペース作り方です。
オススメなのは「スタンディングデスク」の活用です。
立ったままミーティングを行うと、足の裏に刺激が与えられて頭が冴えた状態で進められる他、立ち姿勢は長時間続けられないため、限られた時間で集中して話し合うことができます。
また、自由に高さを調整できる昇降型は、状況に応じて業務用デスクとして使用することもできるので便利なアイテムです。

ここからは、弊社がデザインした集中席の事例をご紹介していきます。

仕事に集中できるスペース事例:ドーム型①

こちらは、デッドスペースとなる屋根裏部分を活かして作った個人ブースです。
秘密基地のような空間は、おこもり感があってワクワクします。

暖簾をかけることでプライベート空間を作ることができます。

※詳しくは、下記の記事でご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=287

仕事に集中できるスペース事例:ドーム型②

こちらは、休憩スペースに設置されている個人ブースです。
一人用のチェアは、バックがドーム状になっており、頭部分のサイドが間仕切りのようなデザインなので、隣の目線を気にせず業務や作業に集中できるデザインです。

※詳しくは、下記の記事でご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=388

仕事に集中できるスペース事例:カウンターテーブル型①

こちらは、2つのカウンター席が背中合わせに設置されたカウンターテーブルです。
カラフルなペンダントライトが吊るされたオシャレなインテリアです。

オープンな業務スペースとは、離れた位置にレイアウトされており、個人業務に没頭できる空間です。

※詳しくは、下記の記事でご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=354

仕事に集中できるスペース事例:カウンターテーブル型②

こちらは共有のミーティグスペース兼リフレッシュコーナーに設置されたカウンターテーブルです。

オープンな空間の中に設置していますが、壁に沿って設置したり、前方に間仕切りを置いて目線を遮っているので、周りを気にせず業務に集中することができます。
また、各所に電源を設置しているのでPC作業にも不自由しません。


※詳しくは、下記の記事でご紹介しています。
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=368

オフィスデザイン・レイアウト事例カタログ60選